スポーツ時には自分にぴったりなマウスガードを

テレビなどで、スポーツ選手がマウスピースを装着してプレーしているのを見たことがある方も多いでしょう。瞬発力が必要な運動の場合、瞬間的に力を発揮するには歯を強く咬みしめなければなりません。この咬みしめる力や運動中の衝撃などで、歯が折れたり欠けたりすることがあり、そうした負荷から歯を保護するのがマウスピース(マウスガード)です。

西新井駅(足立区梅島)の歯医者「西川歯科医院」では、スポーツ用マウスガードの取り扱いに対応。より安全にプレーしていただくために、歯を守るお手伝いをしています。

市販よりもオーダーメイドがおすすめ

最近はアマチュアスポーツ選手の中でも、マウスガードを使用する方が増えてきました。マウスガードのもっとも大きな役割は、破折や欠損から歯を保護すること。また、脳しんとうの症状軽減にも効果的なことから、ボクシングやラグビーなどではマウスガードの使用が義務付けられています。

しかし、市販されているマウスガードでは一人ひとりの異なる口腔内環境・形状に十分に適合せず、「合わない」「外れやすい」「歯を十分に保護できない」ということにもつながりかねません。そこで当院では、歯型を採取した上で完全にフィットするマウスガードをオーダーメイドで制作しています。ぴったり合ったマウスガードなら、装着時の息苦しさや発音のしにくさなども解消します。

マウスガードの重要性

スポーツ中の事故は少なくありません。中でも脳しんとうは、記憶や視覚・感覚・運動面の障害などの後遺症が残る可能性の高い事故だけに、とても危険です。スポーツ選手の20人に1人は脳しんとうを経験すると言われていますので、この対策はとても重要だといえるでしょう。

スポーツ中に顎に強い衝撃を受けると、頭蓋骨は後方に動きますが、脳はそれとは逆方向に動きます。そのために脳に大きなダメージが加わるのですが、マウスガードを装着するだけでこのダメージを半減できることがわかっています。本来は口や歯の保護を目的としたものですが、脳の保護にも役立つのです。

対象となる競技について

マウスガード装着が義務化されているスポーツ
ボクシング ラグビー ラクロス(女子)
キックボクシング インラインホッケー アメリカンフットボール
空手    
マウスガード推進されているスポーツ(格闘技)
ボクシング 相撲 テコンドー
空手 キックボクシング 柔道
レスリング マーシャルアーツ  

オーダーメイドのマウスガードをお作りになりたい方は、西新井の駅ビル内の歯医者「西川歯科医院」へご相談ください。部活動で汗を流している中学生・高校生・大学生の方からのご依頼も増えています。

歯を保護し、脳しんとうからも身を守る マウスガードのご相談はこちら