歯を失ってしまう歯周病は、早期治療が重要です

歯周病は全世界の人口の約7割が罹患しているともいわれる、非常に身近な病気です。日本でも成人男女の5人に4人が歯周病だといわれており、虫歯を抜いて日本人が歯を失う原因の第1位にもなっています。ひどくなると歯が抜け落ちてしまう怖い病気ですので、歯周病かな?と感じたら放置せず、すぐ当院にご相談ください。

歯周病ってどんな病気?

歯周病は、プラーク(歯垢)の中の細菌(歯周病菌)の活動によって歯周組織が炎症を起こし、歯ぐきが腫れたり、出血したり、歯がグラグラしたり、咬んだときに痛みを感じたりする感染症です。進行すると症状がだんだん重くなり、最終的には顎の骨を溶かしてしまいます。顎の骨が溶けると歯が抜け落ちてしまうので、気を付けなければなりません。

軽度の歯周病なら、適切な治療によって健康な状態まで改善することが可能です。しかし、気付かないうちに進行してしまうと、手遅れになってしまうこともあります。そうならないよう、定期的にメインテナンスを受けてお口の状態をチェックすることが非常に大事です。当院の定期検診をご活用いただき、歯周病になっていない方は今後もならないように、なってしまった方はこれ以上ひどくならないようにしっかりケアをしましょう。最近では、薬や体質改善による歯周病予防も注目されています。

歯周病は検査が重要です

歯周病は進行度合いによって処置・治療の内容が異なるため、状況を把握するためにしっかり検査をすることが重要です。こちらでは、西新井駅の「西川歯科医院」で行っている検査についてご紹介します。

歯周ポケットの深さチェック

歯周ポケットに細い棒(プロープ)を差し込んで、その深さを測定します。深さが3mm以下であれば正常もしくは軽度、6mm以下であれば中等度、7mm以上なら重度の歯周病と考えられます。

歯の動揺度検査

ピンセットで歯をはさんだり押したりして揺れ具合を測定します。まったく動かなければ正常、1mm以内なら軽度、2mm以内なら中等度、それ以上動くようなら重度と判断できます。

レントゲン

歯を支えている骨(歯槽骨)の状態や、歯石が付いているかどうかなどをレントゲン画像で確認します。重度の歯周病の場合、歯槽骨が溶けて歯が傾いていることがわかります。

歯磨きチェック

虫歯や歯周病の原因となるプラークがどの歯のどの部分にどれだけあるかをチェックします。専用の液で染め出しを行い、その後にブラッシングすることで、磨き方やプラークの残り具合がわかります。

【歯肉炎と歯周炎の違い】

自覚症状がないまま少しずつ進行していく歯周病は、進行段階に応じて「歯肉炎」と「歯周炎」という2つの呼び名があります。

「歯肉炎」は初期段階の歯周病のこと。歯ぐきが赤く腫れて炎症を起こしたり、歯磨きで出血が見られたりしますが、歯槽骨は溶かされていません。一方の「歯周炎」は、歯肉炎が進行した段階の呼び名です。出血や揺れが多くなったり、口臭が強くなったり、歯周ポケットが深くなったりします。歯槽骨も溶け始めているので、早急な処置・治療が必要です。

歯肉炎の段階で進行を食い止めることができれば、身体へのダメージを抑えることができます。骨まで炎症がおよんでしまう歯周炎にならないように、気を付けましょう。

歯科医院での歯周病治療

スケーリング

歯の表面に付着したプラークをそのまま放置してしまうと、石灰化して硬い歯石となります。歯石になるとブラッシングでは取り除くことができませんので、スケーラーという器具を使用してプラークや歯石をきれいに除去します。この処置がスケーリングです。

ルートプレーニング

スケーリングだけでは取り除けない歯ぐきや歯周ポケットに隠れた歯石・プラークを取り除き、再び付着しないように歯の表面をツルツルに仕上げる処置です。必要な場合には、局所麻酔を行って治療します。

詰め物・被せ物の修正

治療した歯の詰め物や被せ物が合っていないと、歯周病の再発リスクが高まります。その部分を修正することでプラークが取り除きやすくなるため、歯周病の改善が期待できます。

生活習慣の改善

ストレスが溜まっていたり睡眠不足が続いたりすると、身体の抵抗力が弱まり、歯周病に感染しやすくなります。適度な運動や睡眠、食生活の見直しなどは、歯周病の改善につながります。

歯周病治療の基本は「プラークコントロール」

歯周病の原因となるのは、プラークの中に潜む歯周病菌。この歯周病菌の増殖を抑える「プラークコントロール」が治療の基本となります。正しいブラッシングや、歯間ブラシ・デンタルフロスなどを使ったケアが大切です。いくら歯科医院で治療をしても、ご自宅でのプラークコントロールを怠ってしまうとなかなか改善にはつながりません。

歯周病にならないために……

歯周病の予防や改善にはプラークコントロールがとても重要ですが、ご自宅でのセルフケアだけでは十分ではありません。しっかりと予防するためには、歯科医院でのケア(検査・クリーニング)が非常に効果的です。お口の健康とご自分の歯を生涯にわたってしっかりと守っていくために、定期検診を積極的にご活用ください。西新井(梅島)の「西川歯科医院」では、予防歯科のご相談も受け付けています。

歯周病にならない・悪化させないためには、定期検診と早めのケアが重要です 予防歯科についてはこちら