虫歯や歯周病にならないために、定期検診を活用しましょう

わが国では、歯科医院で定期検診を受けている人が国民全体の2%しかいないといわれています。なお、歯科先進国として知られるスウェーデンの受診率は大人で90%、子供はほぼ100%です。現状ではとても大きな差がありますが、こうした歯に対する意識の違いが、歯の健康にも明らかな差となって表れています。両国で70歳時点の残存歯数を比べると、スウェーデンは平均で約20本なのに対し日本は約8本しかありません。

歯は一度失ってしまうと、二度と取り戻すことはできません。つまり、自分の歯を失ってしまわないように今のうちから適切なケアを行うことがとても大切なのです。定期検診で、歯周病のチェックやプロによる歯のクリーニング、ブラッシング指導などをしてもらいましょう。

歯のクリーニング「PMTC」で頑固な汚れを除去

お口の中にできるバイオフィルムは、たくさんの細菌が層を成して歯の表面に堆積した、いわば「細菌のかたまり」のこと。これが、虫歯菌や歯周病菌の温床となってしまいます。しかもバイオフィルムは、ご自宅でのうがいやデンタルリンス、ブラッシングではしっかり落としきることができません。

そのバイオフィルムをきれいに落とす方法が、「PMTC」です。PMTCは専用機器を用いて歯科医院で行う口腔内のクリーニングのことで、普段のうがいやデンタルリンス、ブラッシングでは落とせない頑固な汚れまで徹底的に取り除けます。

「PMTC」を受けると口腔内から虫歯菌や歯周病菌が減少することはもちろん、バイオフィルムが付着しにくくなるので、虫歯や歯周病の予防に効果的です。

その他予防歯科メニュー

ブラッシング

歯科衛生士が専用ペーストと歯ブラシを使ってブラッシングします。自分では磨きにくい隅々まで丁寧に磨きますので、とても気持ちよく完全にすっきりします。歯肉のマッサージ効果も期待できます。歯科衛生士が、一人ひとりの年齢やお口の状態に適したブラッシング方法を指導します。なるべく丁寧に1本1本磨き、毛先を歯周ポケットに入れて細かく振動を与えるように磨きましょう。

スケーリング

歯石を放っておくと、歯周病が悪化してしまいます。そこで、歯肉や歯周ポケットに付着した歯石を、専用器具を用いて取り除きます。

虫歯や歯周病にならないために……

虫歯や歯周病にならないために、ご自宅でのセルフケアと並行して定期検診を積極的に活用しましょう。PMTCやブラッシング、ブラッシング指導、スケーリングなどによって定期的に歯をキレイにしていれば、長期的に歯の健康を維持しやすくなります。予防歯科・定期検診は、西新井駅(梅島)の上にある歯医者「西川歯科医院」へご相談ください。

PMTC、ブラッシング、スケーリングなど 予防歯科・定期検診のご予約はこちら