予防の習慣化が将来の健康にもつながります

お父様・お母様にとって、お子様の歯の健康はとても大切でしょう。生涯にわたって歯の健康を守ってあげたいと思うのが親心。では、お子様はいつ歯医者に連れていけばよいのでしょうか? 「虫歯になってから」では遅すぎます。お子様の歯は大人よりもデリケートなので、「虫歯になる前に」医院で診せるようにしましょう。乳歯が生え始めたとき――そのタイミングが、お口のケアのスタートです。

西新井駅(梅島)の歯医者「西川歯科医院」では、乳幼児期からの予防歯科診療および予防法の指導を行っています。お子様の歯のことは、お気軽にご相談ください。

予防の習慣化で将来も安心

子供の歯は「しっかりと治療すること」ではなく、「治療しなくていい状態をきちんと維持すること」がより重要です。まずは、歯医者という場所に慣れてもらうことから始め、ブラッシング指導、食育指導などを通して虫歯のリスクを減らし、定期的にメインテナンスをすることで、いつまでも健康な歯を維持します。

小さなうちから歯科医院に通う習慣や歯をキレイにする習慣が身に付けば、特に意識をしなくても歯を守ることが「当たり前」になり、生涯にわたって健康な歯を維持しやすくなります。ぜひ、お子様を定期的に歯科に連れて行きましょう。

お子様の歯を守る小児歯科のご相談は、西新井駅(梅島)の歯医者「西川歯科医院」へ。小児矯正のご相談も承ります。

“歯医者嫌い”にならないために……当院で行っている取り組み

無理な治療は行いません

治療を早く終わらせるためにお子様をユニットに押さえつけたり、強い口調で話したりすることは決してありません。そういう対応をすればその場の治療は早く終わるかもしれませんが、それで歯医者が嫌いになってしまったら、その後の口腔ケアや治療に積極的に臨めなくなってしまうかもしれないからです。

初めての時は治療をしないこともあります

子供にとって「初めての歯医者」は不安がいっぱい。来るだけで怖い思いをしてしまうかもしれません。そのため、初めてのお子様の場合は治療をしない場合もあります。最初はユニットの椅子を倒すところからはじめ、そこから器具を触ってもらったり、治療時のようにドリルを口に入れてみたり(もちろん動かしません!)と、できるだけ歯科治療への抵抗をなくすようにしています。

【お子様の歯に関するよくあるご質問】

「乳歯が抜ける前に永久歯が生えてきたのですが……どうすればいいですか?」といった質問をよくいただきます。5~6歳の子供においては珍しいことではなく、しばらくしたら自然に乳歯が抜けて永久歯が前に出てきますのでご安心ください。

ただし、7歳を過ぎても乳歯が抜けずに残っている場合は、歯列不正(よくない歯並び)の可能性があります。早めに歯医者で見てもらうようにしましょう。

“お子様の歯を強くするために「フッ素塗布」

フッ素には歯質を強くする効果があります。小さなうちから歯にフッ素を塗布し続ければ、将来にわたって虫歯リスクを軽減することができます。当院で使用しているのは、一般家庭用の10倍の濃度があるフッ素塗布剤です。高い効果が得られますので、特に、永久歯が生え始める時期にはおすすめです。

お子様の歯を守る小児歯科のご相談は、西新井駅(梅島)の歯医者「西川歯科医院」へ。小児矯正のご相談も承ります。

虫歯になる前に歯医者に連れて行くことが大切です。 当院へのご予約はこちらから